治療・予防

一般歯科

虫歯予防

歯周病

PMTC

ホワイトニング

レーザー治療

口腔外バキューム

デジタルレントゲン

一般歯科

■安心して頂ける治療説明

患者様に「歯の健康診断書」をお作り致します。

・患者様がご納得いただけるよう丁寧に説明
・患者様に安心していただける機械の導入

当院では、『ドクターをはじめスタッフ全員が、
自分がうけたいと思う治療を患者様にしてさしあげることをモットーとしております。

■定期検診

虫歯は一度直したら大丈夫というわけではありません。
というのは、治療した歯は、磨き残しのあった場所なので、再び虫歯になる可能性が高いからです。
定期的に歯医者で診てもらい、歯を健康に保つことが大切です。


■診断書には、 

●歯の汚れ具合  ●歯茎の状態  ●歯の状態


など、患者様のお口の中の情報が詳しく書かれています。
これを見ることで、虫歯や歯周病の予防にもつながります。

DX.jpg

虫歯予防

むし歯の原因

taisaku.jpgむし歯は、歯質、細菌、食べ物の3つの要素に時間の経過が加わってできると言われています。
これら3つの要素が重なる時間が短かければむし歯になる可能性が低く、長ければむし歯ができやすくなるのです。

 

genin3_1.jpg

原因となる3つの要素
3ha_1.jpg 
むし歯菌 主なむし歯菌はミュータンス菌です。この菌はプラーク(歯垢)をつくり、また歯を溶かす酸をつくります。
歯質 歯の強さや唾液の力によってムシ歯になりやすいかどうかが左右されます。
食べ物  糖質の中でも特に砂糖を含む食べ物や飲み物がむし歯の発生に影響を与えます。

 

むし歯になるリスクを小さくするには

risuku_1.jpgむし歯の原因となる3要素の重なり合う時間や面積をできるだけ少なくすることで、むし歯になるリスクを下げることができます。

 

 

対策

むし歯菌            

ご家庭での歯みがきや、歯科医院でのプラーク除去。菌の活動をおさえるキシリトールやフッ化物の使用など。

haburasi_1.jpg

歯質              

フッ化物を使った歯質強化。よく噛んで唾液の分泌を促進。歯科医院でのシーラントによる予防など。

baberu_1.jpg

食べ物             

バランスのとれた食生活。おやつの習慣。砂糖などむし歯の心配がないおやつの選択など。

okasi_2.jpg

 

 

 

歯周病

sisyu01.jpg歯周病は、知らないうちに歯ぐきの骨がなくなる病気です。歯の表面にプラーク(歯垢)が付着し、その中の歯周病菌が増殖することによって歯を支える土台である歯周組織や骨を破壊し、歯を失ってしまうこともあります。おもな原因はプラークですが、糖尿病などの全身の病気やタバコを吸うなどの生活習慣が、歯周病をひきおこしたり悪化させる原因にもなっています。 

 

 

歯周病の進行

sisyusinkou.jpg

 

歯周病にならないために

haburashi.jpg

ご家庭で…
●自分に合った正しいブラッシング方法を知りましょう。
●だらだら食いや間食を控え、規則正しい食習慣を身につけましょう。

 

歯科医院で…
●歯周病は痛みや出血など、自覚症状が出てからでは治療に時間と費用がかかります。
定期的に検診を受けて、衛生士によるブラッシング指導と歯の掃除をしてもらいましょう。

 

P.M.T.C

毎日しっかりハミガキしているつもりでもどうしても歯ブラシの届きにくい所や、汚れがたまりやすい所ができてしまいます。この部分のお掃除を専門の機械で徹底的に行うのがP.M.T.C.です。

pmtc_1.jpg歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目には、普段のハミガキでは落とすことの難しい汚れが残っています。この汚れをバイオフィルムといいます。

 

P.M.T.C.の流れ

  1. 専用のチップを使って歯と歯の間の汚れをていねいに取ります。
    1_1.jpg 
  2. 柔らかいカップ状の機械で、汚れを完全に落とします。
    2_1.jpg 
  3. さわやかな洗浄液できれいに洗います。
    3_1.jpg 
  4. 歯はツルツルでピカピカ!汚れもつきにくく清潔な状態になりました。
    F_1.jpg 


P.M.T.C.おすすめのポイント

● P.M.T.C.は歯石の除去とはちがい、柔らかい特殊な器具を使うので、痛みはありません。
● P.M.T.C.によって歯の表面はバイ菌のいないとても清潔な状態になります。
● P.M.T.C.を3~4ヶ月に1度行なうことで非常に効果的にむし歯や歯周病を予防することができます。
● P.M.T.C.は、コーヒーやタバコによる着色が気になる方や、矯正治療中の方にもおすすめします。

ホワイトニング


白い歯で輝く笑顔

歯はどうして変色する?
歯はもともと白くなくわずかに黄みをおびた色をしています。肌の白さが人によって違うように、歯の色にも黄みや赤みがあり個人差があります。茶渋やタバコのヤニ、歯垢など歯の表面についた汚れによる変色は、それらの付着物を取り除くことで本来の白さを取り戻すことができます。しかし、歯の内側から変色した場合には、ハミガキやクリーニングで白くすることはできません。

tabako_1.jpg
コーヒー・赤ワイン・タバコなど、色素の濃いものを日常的に摂取することで変色する。
shibou.jpg
むし歯などで神経が死んでしまった。または、金属のつめものによって変色を起こす。 

 

kusuri.jpg
歯の磨きすぎ、歯ぎしり、加齢などで歯のエナメル質が薄くなり、内側の象牙質が透けて見える変色。 
zikan.jpg
幼児期に抗生物質を摂取したり、先天性代謝異常や遺伝性疾患などが原因で起こる変色

 

 

ホワイトニングってどういうもの?

プラスチックやセラミックといった人工的な材料で変色を被い隠すのではなく、特殊な薬剤を使って歯の中の色素を分解させる方法なので、歯を削らずに“自然な白さ”を得ることができます。
アメリカでは大変ポピュラーな方法ですが、近年日本でもホワイトニングを行うための薬剤が厚生労働省で認可されたことにより、ホワイトニングを希望される方が増えてきました。

howaito.jpg


ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング
歯科医院で行う方法です。歯の表面に特殊な薬剤を塗り、光を照射して薬剤を活性化させ、短時間で歯を白くします。急ぎの方におすすめです。

◆メリット
・即効性があり、短時間で歯を白くできる

◆デメリット
・色の後戻りが早い
・施術後に痛みを感じる場合がある

医院で行うオフィスホワイトニングの流れ

1.歯の清掃と歯石除去
ホワイトニング治療の前に歯を清掃し歯石も除去しておきます。

2.歯肉にプロテクターを装着
歯肉にホワイトニング剤が直接かからないようプロテクターを装着します。

3.ホワイトニング剤を塗布
ペースト状のホワイトニング剤をホワイトニング対象の歯に1~2mm程度のボリュームで塗ります。

4.一定時間をおきます
ホワイトニング剤塗布後、一定時間、そのままの状態を保ちます。約2~3分程度です。

5.光線を照射
ホワイトニング対象の歯に光線を照射しホワイトニング剤をより活性化させます。

6.歯を水洗い
最後に歯を水洗いしホワイトニング剤をしっかり洗い流し、ホワイトニングの効果を確認します。場合によっては歯の表面を研磨しホワイトニング治療を終了します。

 

ホームホワイトニング
ご自宅で行う方法です。お口の中の型をとり、専用のマウスピースを作成します。マウスピースに薬剤を塗り毎日装着することで、2~3週間かけて歯を白くしていきます。

◆メリット
・毎日好きな時間に、自分のペースで行える
・時間をかける分、後戻りが少ない

◆デメリット
・効果が現れるまでに時間がかかる

自宅で行うホームホワイトニングの流れ

1.歯を磨く
ホームホワイトニングを始める前に歯を磨いて綺麗にします。

2.医院で作ったマウスピースを用意する
マウスピースのホワイトニング剤を注入する場所には、水分や他の物質が入っていないかを確認します。もし入っていれば取り除きます。

3.マウスピースにホワイトニング剤(ジェル)を注入
マウスピースにホワイトニングジェルを注入しますが、だいたい歯1本につきシリンジ2~3本を目安にします。

4.マウスピースを装着する
マウスピースを歯に装着します。ずれないようにきっちりはめるように心がけてください。

5.マウスピースを取り外す
日中のホワイトニングは約2~4時間後、夜のホワイトニングは、4~8時間後の朝取り外します。
取り外し後はまだ歯にホワイトニング剤が着いていますので、歯磨きで洗い落としてください。またマウスピース内に残ったホワイトニング剤は低温水で洗い流してください。

この一連の流れを毎日行いますが、知覚過敏がある場合は間隔をあけます。3~4週間かけて徐々にゆっくり白くしていくことをお進めします。ホワイトニングの期間中は色の濃い飲食物、赤ワインやカレーなどはなるべく避けてください。

レーザー治療


当院では、患者さんにやさしいレーザー治療を行っています。

1回のレーザー治療は、短時間で終わります。
レーザー治療なら、出血もほとんどなく、傷あとも残りにくいほか、治りも早くなり、治療後の痛みもほとんどありません。
症状によっては少々の麻酔をかけて治療します。


虫歯予防と治療

歯のミゾは複雑で深く入り組んでいるため、そこにたまってしまった食べカスなどはハブラシだけでは取り除くのはむずかしいものです。レーザーは、ハブラシが届かないところでも、熱エネルギーで虫歯の原因となる虫歯キンをやっつけます。しかも、レーザーによって歯が強くなり、虫歯になりにくくなるほか、歯を強くするためのフッ素も浸透しやすくなります。虫歯の程度によってはレーザー治療のみで虫歯の進行を止めたり、除去することもできます。

知覚過敏

水を飲んだりハブラシをあてると歯がしみるといった症状はありませんか?その原因として知覚過敏が考えられます。これは象牙細管という歯の神経につながる孔(あな)が開いていて神経が刺激されるからです。こんなときレーザーで治療すると歯の表面に薄い膜ができて孔(あな)をふさぎ、歯の神経を保護するので痛みやしみることを防ぐことができます。

歯周病

歯周病は歯グキから血が出たり口臭がひどくなったりして、そのまま放っておくと歯が抜けてしまうことだってあります。こんな時もレーザーは活躍します。歯と歯グキの間のミゾにレーザーをあてて歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、ウミが自然に出て、出血や痛みがおさまり、治りを早くします。ブラッシング指導・歯石除去ほかの歯周病治療と併行してレーザー治療を行います。

口内炎

お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐ和らぎ、治りも早くなります。入れ歯があたってできる潰瘍(かいよう)にも効果があります。

歯グキの黒ずみ

メラニンという色素により、歯グキが黒くなることがあります。こんな時にもレーザーは黒ずみをきわめて短時間で除去します。数日後にはもとのきれいなピンク色の歯グキに生まれ変わります。


今までの歯科治療といえば、「抜く」「削る」「痛い」などといった不快なイメージが強かったのですが、レーザーは、痛みを和らげ、「抜く」とか「削る」ことを最小限にします。歯グキなどのハレをおさえ、歯周病を治療し、キズの治りを早くするだけでなく、虫歯になりにくくしたり、虫歯になってしまったら必要最低限の除去治療ができるほか、歯を白くするなどの特別な処置にも使われます。ご紹介した治療方法はほんの一例で、他にもいろいろな治療に応用できますので、スタッフまたはドクターにご相談ください。



口腔外バキューム

口腔外バキュームは快適な治療環境をつくります

院内感染の防止

歯を削ったり、入れ歯や銀歯を調整するときには、歯の削りかす、金属片、血液、細菌など、目に見えない細かい粉塵(ふんじん)がたくさん飛び散ります。

当院では、こうした粉塵が広がってしまわないように、全ての診療室に口腔外バキュームを設置しています。口腔外バキュームは、強力な吸引力で、治療時に発生する細かい粉塵を吸い取り、快適でクリーンな診療室をつくります。

 

口腔外バキュームの利点

  1. 歯を削るなどするときには、歯の削りかす、金属片、血液、細菌など目に見えない細かい粉塵がたくさん飛び散ります。口腔外バキュームは、これらの粉塵を患者様が知らず知らずの間に吸い込んでしまうのを防ぎます。
  2. 歯を削ったり、歯石を取ると、顔や着衣に水しぶきがかかってしまいます。口腔外バキュームを使用することにより、水しぶきがかかるのを防ぎます。
  3. 歯を削ったり、歯肉を切ったりすると、嫌な臭いが発生します。口腔外バキュームは、治療時に発生する、不快な臭いを除去します。また、着衣や頭髪に臭いがつくのを防ぎます。

 

bakyumu.jpg

デジタルレントゲン

VISTA SCAN(ビスタスキャン)

デジタルX線画像解析システム

当医院では、レントゲン撮影において、コンピュータを利用した最新のデジタルX線解析システムを導入し正確でスピーディな診断を行っております。

また、現像液・定着液などの廃液の処理が不要な環境に優しいシステムを導入しております

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
0792-93-0418